さどぴよのTwitterはこちら! ハウスメーカーを選ぶ前にこちらをご覧ください!

【気になる電気代】暖房を止めてからエアコンを稼働するまでのi-smartの電気代について解説してみた

一条工務店で暮らす
広告

どもども!さどぴよです!


突然ですが、皆さんは「家の電気代」についてじっくりと考えたことはありますか?

きっと、ほとんどの方が、

  • 今月は電気代が「高くなった」「低くなった」
  • もっと電気代が抑えられたらな
  • 家を建てるなら光熱費が低くすむ家を建てたい

・・・etc

といったように電気代について何かしら考えたり、悩んでいるかと思います。


私も「ランニングコスト(光熱費)ができるだけ安く済む家に住みたい」という風に考えて一条工務店のi-smartでの家づくりを決断しました。


もしこの記事を読んでくださっているあなたが、「光熱費の安い家を作りたい」と考えているのであれば、「一条工務店」というハウスメーカーの名前は一度くらいは耳にしたことがあると思います。


しかし、そんな皆さんが疑問に思うこととして、

一条工務店の電気代は本当に安いのか

ということがあるかと思います。


しかし、一条工務店のi-smartに住んでいる私が結論から申し上げると・・・


さどぴよ
さどぴよ

一条工務店の光熱費はめっちゃ安い!!!

と断言することができます。


その根拠が以前書かせていただいたこちらの記事です。


この記事では暖房期である1月〜4月までの電気代について解説しています。

そして、散々「一条工務店は光熱費が安いぞ!」ということを宣言しています。


ぴよ彦
ぴよ彦

冬の電気代が安いのはこの記事を読んでわかったぴよ。

じゃあ暖房期が終わってからはどうだったぴよか?


さどぴよ
さどぴよ

この前8月請求分の電気代が来たから

早速、暖房期が終わってからの電気代も見てみよう!


ということで、今回は「暖房期を終えて、エアコンを稼働するまで」の一番電力を消費しないシーズンといえる、6〜8月請求分の電気代について解説をしていきたいと思います!

広告

はじめに

今回紹介させていただくのは、「暖房のスイッチを切ってから本格的にエアコンを稼働するまでの期間」の電気代です。


暖房のスイッチをオフにしたのが、連休明けの5月7日です。

統計をとりやすくするために電気代の請求対象期間に合わせてスイッチをオフにしました。


一方で「本格的にエアコンを稼働するまでの期間」については、8月請求分の8月4日までとさせていただきます。

※実際は数日ほどエアコンを使用しなければならないほど暑い日もありましたので、数回エアコンを使用しています。


これらのことを念頭において、

  • 6月請求分(5月8日〜6月3日分)
  • 7月請求分(6月4日〜7月3日分)
  • 8月請求分(7月4日〜8月4日分)

こちらの3回分の請求金額について解説していきます!

広告

6月請求分(5月7日〜6月3日まで)

電気代請求額10,027円
電気使用量257kWh
請求該当日数28日分
1日あたり電気代   約358円

さどぴよ
さどぴよ

6月請求分の電気料金の詳細がつぎの写真だよ!


ぴよ彦
ぴよ彦

なるほどぴよな!

もう少し詳しく教えてくれぴよ!


6月請求分のポイント

6月請求分の電気代のポイントはこちらです。

  • ゴールデンウィークの関係で請求期間が短い
  • 2020年5月はコロナウイルスの影響で自宅待機が続いた

さどぴよ
さどぴよ

それぞれ詳しく見てみよう!

広告

請求期間が短い

ゴールデンウィークの影響で請求期間が短くなっています。

基本的には30日前後分が請求されてきますが、6月請求分は28日分となっています。


ぴよ彦
ぴよ彦

ということは、その月全体の金額だけでなくて

1日あたりの金額を見ることが大事ぴよな!


さどぴよ
さどぴよ

その通り!

今回は1日あたり358円分の電気が使われたことになっているね!


電気代の請求が来たときには、「その月いくら請求が来たか」だけでなく、

  • 1日あたりどれだけ電気を使っているか
  • どの時間帯に電気がどれだけ使われているか

ここにも注目するといいでしょう!


コロナウイルスによる自宅待機

実は、私の職場にはリモートワークする設備が整備されていません。

したがって・・・

さどぴよ
さどぴよ

コロナウイルスによる緊急事態宣言中は、

仕事できずにずっと家で待機していたんだ!


ぴよ彦
ぴよ彦

ということは家にいる時間が多くて

日中の電気使用量も増えたぴよか!


さどぴよ
さどぴよ

そうなんだ。

だから、他の月よりも電気代が高いかもしれないね!


ということで、7月請求分・8月請求分が「6月請求分よりも高くなったか・低くなったか」にも注目して欲しいと思います。

広告

7月請求分(6月4日〜7月3日まで)

電気代請求額9,200円
電気使用量226kWh
請求該当日数30日分
1日あたり電気代   約307円

さどぴよ
さどぴよ

7月請求分の電気料金の詳細が次の写真だよ!

ぴよ彦
ぴよ彦

先月分より請求日数が増えてるのに

金額は下がったぴよな!


さどぴよ
さどぴよ

そうなんだ!

もう少し詳細について触れていくよ!

7月請求分のポイント

7月請求分のポイントがこちらです。

  • コロナウイルス対策の自宅待機は回数は減ったが継続中
  • まだクーラーは稼働していない

さどぴよ
さどぴよ

詳しく見ていこう!

広告

コロナ対策自宅待機継続

回数は減っていますが、緊急事態宣言解除後も自宅待機が継続されました。

ぴよ彦
ぴよ彦

週にどれくらい仕事に行っていたぴよか?


さどぴよ
さどぴよ

5月は週に2〜3日だったのに対して、

6月は週に3〜4日ってところかな。


やはり、週に1〜2日、仕事に行く回数が増えるだけで「日中の電気使用量」が減るので、電気代の節減につながっています。


ぴよ彦
ぴよ彦

ということは、コロナがなくて日中家にいる時間が少ないと

もっと電気代は低くなるぴよね!


ということで、来年の今時期にコロナウイルスが収束し、今まで通りに仕事に行くようになると1000〜2000円は電気代が低くなるのではないかなと思います。


クーラーは未使用

湿度が低く過ごしやすい北海道でも、6月〜8月の間で耐えがたい暑さの日はもちろんあります。

しかし、今年は例年よりも涼しい日が多かったように感じます。


ですので、クーラーを使うまでもなく、せいぜい扇風機を夜間回すくらいで十分生活できていました。


冬は暖房、夏は冷房が電気代を左右する重要な要素ですので、冷房を使う日が少なかったというのは請求が安かった一番の理由かなと思います。

広告

8月請求分(7月4日〜8月4日まで)

電気代請求額8,773円
電気使用量206kWh
請求該当日数32日分
1日あたり電気代   約274円

さどぴよ
さどぴよ

8月請求分の電気料金の詳細が次の写真だよ!

ぴよ彦
ぴよ彦

この月はかなり低いぴよな!


さどぴよ
さどぴよ

前月の1日あたりと比較しても

30円くらい安くなっているね!


ぴよ彦
ぴよ彦

詳しく教えてくれぴよ!

8月請求分のポイント

8月請求分のポイントがこちらです。

  • 実家に帰省した
  • コロナ自宅待機日数が減少(継続)
  • 数回クーラーを使用した

さどぴよ
さどぴよ

こちらも詳しく見ていきましょう!

広告

実家に帰省

お盆期間中にはまたコロナウイルスで行動制限がかけられるなと薄々気付いていたので、7月の連休で実家に帰省しました。


ぴよ彦
ぴよ彦

家を一日空けていたぴよか!


さどぴよ
さどぴよ

やっぱり1日でも家にいない日があると電気代は低くなるね!


今回は夏場の帰省だったので、何もせずに帰省しました。

しかし、冬場の帰省は床暖房の温度設定を変更するのを忘れずに帰省しましょう!


一般的に暖房は低い設定温度で「継続して運転」するよりも、電源を切って冷え切った室温を上げることの方が消費電力が多くかかると言われています。


ですので、帰省する日数に応じて「電源を切る」か、「温度を下げて運転したままにする」かは判断するといいでしょう。


コロナ自宅待機日数が減少

日数は減りましたが自宅待機は継続されていました。


さどぴよ
さどぴよ

これまで週に2〜3日は多くて休みがあったけど、

7月からは週に1日まで減ったよ!


ということで、仕事に行く回数が増えたことによって日中の電気使用量も減少し、電気代の請求額が下がったものと思われます。


数回クーラーを使用した

7月は暑い日が数日ほどありましたので「お試しで」クーラーを使用してみました。

やはりロスガードが働いているおかげなのか、リビング内の室温が下がるスピードが早いように感じます。


数回クーラーを使用した割には電気代もそれほど高くはありませんでした(むしろ安い)ので安心してクーラーを活用できそうだなと感じました。


一方で、室外機からは結構大きな音が出ているように感じました。


一条工務店の家は「高気密」であるため、外からの騒音は基本的に室内には響きません。

しかし、ふと「室外機の音がどれくらい近所に響くのか」が気になり音を聞きに外へ出てみました。

すると、家の中にいたら気付きませんでしたが、それなりに大きな音は出ています。

室外機の音が意外と大きいという点につきましては、一条工務店を検討されている方は注意した方がいいポイントだと思いました。


ちなみに、冬季期間の床暖房についても、床下の管に入っている不凍液を「室外機によって温める」構造をしているヒートポンプが採用されているため、室外機の音は少なからず出ます。

まとめ

各月の請求金額・電気使用量・請求該当日数・1日あたり電気代はこちらです。

6月請求分7月請求分8月請求分
請求金額10,027円9,200円8,773円
電気使用量257kWh226kWh206kWh
請求該当日数28日分30日分32日分
1日あたり電気代358円307円274円

いかがでしょう。


今年はコロナウイルスの影響で家にいる時間が多かったこともあり、「日中の使用電気量」が多かったと言えるため、実際はこの金額よりも低いと言えます。


1日あたりの電気料金は270円台〜350円台となっています。


私が賃貸で生活していた時代の電気料金は今の家よりも狭かったにもかかわらず、1000〜2000円は高かったと多います。


電気料金が下がったことの理由としては、

一条工務店の家の性能が高いから!

これが一番の理由と言えるでしょう。


ということで、一条工務店の電気代の削減につながる部分の性能は・・・

さどぴよ
さどぴよ

疑いようのないくらい高い!!!

と言い切ることができますね!

一条工務店での家づくりを考えている方はぜひ、今回紹介した「電気代」について参考にしてくださいね!


ほんじゃ!さどぴよでした!

この記事を書いた人

北海道在住のアラサーサラリーマンさどぴよです。
2019年3月▶一条工務店と契約
2020年1月▶マイホーム完成!
2020年6月▶当ブログ開設
家づくりで経験したことや「なるほど!」と感じたことを誰かの家づくりに役立てたい!そんな願いを込めて情報発信中!

さどぴよをフォローする
一条工務店で暮らす 暮らす
さどぴよをフォローする
一条工務店で家づくり! さどぴよの家づくりなるほ道場

コメント

タイトルとURLをコピーしました