さどぴよのTwitterはこちら! ハウスメーカーを選ぶ前にこちらをご覧ください!

タンクレストイレのメリットとデメリットを解説!|タンクレストイレ導入時に押さえたいポイントを紹介

建てる
広告

どもども!さどぴよです!


皆さんは住宅設備の中でこだわりたいポイントはどんなところでしょうか。


様々な意見があると思いますが、私は「トイレ」こそこだわるべき設備の一つだと思っています。

なぜなら、トイレは自分や家族だけでなく、お客さんも頻繁に使うことが考えられるからです。


最近では様々な種類のトイレが開発されていますが、その種類の1つである「タンクレストイレ」を皆さんはご存じでしょうか。

タンクレストイレとは

⇒ 洗浄用の貯水タンクが無いタイプのトイレ


さどぴよ
さどぴよ

我が家でも1階のトイレはタンクレスタイプの  

「Panasonicのアラウーノ」を採用しているよ!


このタンクレストイレは、「マイホームの新築やリフォームの計画を立てている方」にとって気になる設備の一つですよね。


そこで、今回はタンクレストイレをマイホームに導入した私が、「タンクレストイレのメリットとデメリット」について解説していきたいと思います。


この記事のポイント

この記事では、トイレの種類の1つ「タンクレストイレ」について紹介しています。 タンクレストイレの導入を考えている方はこの記事で紹介している 「メリットとデメリット」を比較したうえで導入を検討して下さい!


広告

タンクレストイレとは

タンクレストイレとは「洗浄のための水をためるタンクが無いタイプのトイレ」のことです。


ぴよ彦
ぴよ彦

タンクが無かったらどうやって水を流すぴよか?


タンク式とタンクレスの構造の違い

タンクに水をためて流すタンク式に対して、タンクレストイレは水道から直接水を便器へ流し込んでトイレを流します。


出典:TOTO


それでは、早速「タンクレストイレのメリットとデメリット」について解説していきます!


広告

タンクレストイレのメリット

タンクレストイレのメリットはこちらです。

  1. トイレスペースが広くなる
  2. 掃除がしやすくなる
  3. 節水効果が高い

ぴよ彦
ぴよ彦

なるほど!

掃除がしやすくなるということは

家事軽減にもつながるぴよな!


さどぴよ
さどぴよ

家事軽減は住宅設備を選ぶ時の1つのポイントになるから

注目したいところだよね!


それではそれぞれのメリットについて解説していきます。


【タンクレストイレのメリット①】トイレスペースが広くなる

1つ目のメリットは「トイレスペースが広くなる」ことです。


私の家では1階に「Panasonic・アラウーノSⅡ」、2階には一条工務店標準の「TOTO・CS340B」を採用しています。


1階 アラウーノSⅡ

出典:Panasonic

2階 一条工務店 標準トイレ

出典:TOTO


それぞれのトイレのサイズを測ってみました。


1階トイレ

2階トイレ


このように、2つを比較すると幅はタンク式の方が狭いものの、奥行きがタンクレストイレの方が短いことがわかります。

奥行きが短いため、トイレ空間を広く使うことができます。


またタンクがないため、見た目も非常にすっきりしていますね。


このようにトイレ空間を広く使うことができるということが1つ目のメリットです。


【タンクレストイレのメリット②】掃除がしやすくなる

2つ目のメリットが「掃除がしやすくなる」ということです。


我が家の1階・2階のトイレをそれぞれ見比べてみましょう。


まずは正面からです。

1階トイレ

2階トイレ


2つを見比べるとトイレの両側の幅はそれほど大きな差はないように見えますね。


次にトイレを横から見てみましょう。


1階トイレ

2階トイレ


ここで注目していただきたいところは、トイレの形状です。


2階の標準トイレは段差が多い形状であるのに対し、1階は継ぎ目や段差がなく掃除がしやすい形状となっています。


1階のトイレは来客が使うことも想定できるため、できるだけ清潔を保ちたいですよね。


そんな要望に対して、タンクレストイレは手軽に掃除ができるため「より清潔を保ちやすいトイレ」ということができます。


これが2つ目のメリットです。


【タンクレストイレのメリット③】節水効果が高い

3つ目のメリットは「節水効果が高い」ということです。


一般的にタンク式トイレは水を流すために8~13Lの水が必要と言われています。

一方でタンクレストイレは1度の水洗に使う水の量がおよそ4Lとなっています。


出典:TOTO


このように特別に節水を心掛けなくても自然に節水を行うことができます。


これが3つ目の理由です。


広告

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレのメリットをここまで紹介してきました。

しかしながらデメリットがあることも確かです。


タンクレストイレが気になっている方は、デメリットも熟知した上で導入を検討しましょう。


タンクレストイレのデメリットはこちらです。

  1. 停電時に洗浄ができなくなる
  2. 手洗いがついていない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。


【タンクレストイレのデメリット①】停電時に洗浄ができない

1つ目のデメリットが「停電時に洗浄ができなくなる」ということです。


タンク式のトイレであれば、タンク内に水が残っているうちはレバーを回せば水がながれます。

しかし、タンクレスは便器内に水をためているわけではないので、停電時に水を流すことができなくなります。


停電時に使用する際は、バケツのような容器に水を汲んで直接便器の中に水を入れて流すしか方法はありません。

※停電時の使用についてはタンクレストイレの説明書をよく読んで使用してください。


最近は天災がとても多くなっているため、停電になってしまうことも十分想定できます。

停電時に不便になるという所は押さえておきたいポイントです。


これが1つ目のデメリットです。


【タンクレストイレのデメリット②】手洗いがついていない

2つ目のデメリットが「手洗いがついていない」ということです。


タンク式トイレはこのように・・・

上部に手洗いがついています。


それに対して、タンクレストイレは手洗い場を作る必要があります。

手洗い場の作り方によってはかえってトイレスペースを狭くしてしまう恐れがあります。


そんな我が家ではあえてトイレがある玄関ホールに洗面台を設置しています。


これが2つめのデメリットです。


広告

まとめ

今回は「タンクレストイレのメリット・デメリット」について紹介しました。


私自身、タンクレストイレを採用した1人ですが、数あるオプションの中でも満足度の高いオプションの1つ「タンクレストイレ」です。


これから家づくりを始める方や、家のリフォームを考えている方はぜひ「タンクレストイレ」の採用を検討してみてくださいね!


今回の記事のまとめ
  1. 省スペース
  2. 掃除が楽
  3. 節水効果が高い
  1. 停電時に不便
  2. 手洗場の設置が必要

当ブログは「ブログランキング」に参加しています

★にほんブログ村・INランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ

★にほんブログ村・参加テーマ

一条工務店...一条工務店での家づくりを検討中の方は必見のテーマ!

みんなのWeb内覧会...家づくりの様々なヒントがここに!

本当に知りたい注文住宅で建てる家づくり。...家づくりの本音はこちら!


さどぴよ
さどぴよ

皆さんの投票がモチベーションになります!

いいね!と思った方はぜひクリックしてください!

当ブログは家づくりの記事を発信しています!

ぴよ彦
ぴよ彦

マイホームは一生に一度の大きな買い物ぴよ!

できることなら失敗したくないぴよ!

さどぴよ
さどぴよ

本当にその通り!

失敗しないために一番重要なことは・・・

「情報をしっかりと収集する」ということだよ!

ということで、当ブログでは家づくりに関する情報をたくさん発信しています!

  • 一条工務店のことをもっと知りたい
  • 家づくりでの失敗を聞いて失敗を防ぎたい
  • Web内覧会で家の雰囲気を見てみたい

などなど・・・

多数の声にお応えする記事をたくさん発信しています!

もっとたくさん情報を集めたいと思っている方はぜひ、こちらからさらなる情報を集めてください!!

ほんじゃ!さどぴよでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました